NIGHT SCRAPS

夜をつらつら書き連ねるブログ

糸を垂らすだけさ

必ず渡らないといけない信号が、やけに長い。だいたいの人が、車が来ないのを確かめてそれを無視する。さあっと、静かに消えていく。僕はなんとなくぼけっと立って、信号が青に変わるのを待つ。気づくと、曲が一つ終わっている。なんでこんなに長いんだろう…

ぽこぽこと、思考する(12)

・偏頭痛というものはだいたい寝れば何とかなるのだが、今回のはしぶとい。前の学期末のときも、脳味噌を包帯で巻かれたみたいな気持ち悪さと、妙な吐き気を食らった。あの時はあんまり寝ていなかった気がするけれど、今はバリバリ寝て、頭が溶けるぐらい寝…

休日

ただ飯食って寝て、たまにこうして文章をひねり出す生活がずっと続けばいいのにと思う。料理しているときの、ぽっと自分がいなくなる感覚も一生続いてほしいな。自分の作ったカレーを食べて(まあまあだな)、全然知らないアメリカの30分ドラマを流し見しな…

モリッシーはずっと新しい

ゼミの研究として、イギリス・マンチェスター出身のミュージシャン、モリッシーについて調べてきた。調べる前からずっと好きな存在だったけれど、いろいろと知っていった今では特別な感情抜きに彼のことを見ることができない。調べてきたこと(既に語られて…

ボディー・ブロー

ときどき、予期しない所からボディーブローを食らう。本当に殴られるとかそういうことでは決してなく、心をぐっと鷲掴みされるみたいなことだ。それをちょっと比喩で言っているのだ。この間もツイッターで深沢七郎さんのことを知って、一気に興味を持ってし…

朧な爪

そういえば、今日は誰とも喋らなかった。大学生になってすぐは、誰かとすぐに仲良くなれるものだと思っていたから、そのことにすごく傷ついた。もの静かな部屋に佇む自分が憐れで仕方なかった。でも今は、そんなことを思い返すことも少ない。慣れというのは…

ぽこぽこと、思考する(11)

・人文学部で学んでいると言うと、「何してるの?」と訊かれることが多い。僕はどうしようもなくて「いろいろ」としか答えられない。文学や哲学、心理学や社会学なんかの幅広いことをやっているから、ときどき「何してるんだろう」と思う。結局、「何にも知…

オセロ・ゲーム

帰省を終えた日。高速バスにまた揺られ、そこからJRに乗って自分が住むマンションへと帰った。途中、身体はくたくたながら空腹だったのでスーパーに寄った。時計を見るともう午後七時をまわっている。夜の中で煌々と営むスーパー。適当にいろいろ詰め込んで…

ふくろう通信 その四

去年は、ずいぶん多くの機会で「平成最後の」という前置きを聞いた。僕は、自分が平成生まれであることを特に意識したことはなかったけれど、そのうち「おれら平成生まれはなあ...」なんて能書きを垂れるのだろうか。「平成」という顔も知らない誰かにぞっと…

夜が来るたびに…

2018年の12月27日、午前10時発のバスに揺られながら、窓の外を見ていた。田舎の山を切り取って高速道路を造ったものだから、目に映るものは大して重要ではないし退屈でしかない。それでも、葉を落とした木の枝が肺血管に見えたり、重たいグレーの雲から時々…

猫なのだ

年が明けた。別段大きな変化はないにせよ、心なしか色々なことがリセットされた気分になる。それはちょっと切ないけれど、鬱積していたことが新しい風に吹かれてどこかへ飛んで行くのに似て、清々しい。多分僕は、年明けが一番社会性があったり明るかったり…

れんこんみたいに

好きなことを仕事にするのは大変だろうと思う。ミュージシャンならば、いろんな曲を知っていないと「へえ、こんな有名な曲も知らないんですか、僕も知ってるのに」という音楽通からの皮肉を食らってしまう。映画評論家なら、「ええっ、あの名作をご存じでな…

ぽこぽこと、思考する(10)

・ものすごく怒りにまかせて行動して、知り合いと別れ、そうして時間が経った。不思議と「なんであのときの自分はあんなに腹を立てていたんだろう」という思いが頭に浮かぶ。怒りはずいぶん便利で、怒った自分のテンションはすいすい色んなことを動かす。で…

まとめ(6)

まとめです。まとめは、自分のなかでは「ベストアルバム」って感覚ですが、あんまり書けてないのでほとんどおさらいって感じです。それでも全部お気に入りです。 1.アカネ 今も夕方が一番好きです。青と赤が混じる瞬間の切なさと美しさ。 r46abfcfd77x7me05…

間違えたまま

大学からの帰り道、小学生とすれ違うことがよくある。青い空からふわりと夕空が溶け出す頃だ。ランドセルを背負った彼らが鬼ごっこをしたり駆けっこをしている。その道は幾分狭いから、ときどき車がつっかえている。見てるこっちは危ないなあと思うけれど、…

夜に鉄道に乗るように

昨日は、お昼から午後八時まで大学の図書館にいた。気の進まない課題を前にして、ああでもないこうでもないと資料を選んでは元に戻し、文章を無理やりひねり出した。途中でお腹が減ったから、近所のスーパーでドーナツを二個買って胃に押し込んだ。窓の向こ…

好き part.3

図書館を出ると、西日の中に人影があった。よく見ると、それはお子さんを抱えた先生だった。あまり喋ったことはないけれど、授業は取っているし、「お借りしたい本があるのですが...」とメールのやり取りなどをしたことがある。なにより、僕はこの先生がなん…

ウサギとカメ

人の話をすぐ理解できない。うんうんと適当に聞いて、数分経ったあとで「あれってこういうこと?」と尋ね、「今さら?」と呆れられる。ゼミなんかで他の人の発表を聞いたりプリントを読んだりしても、内容はあんまり入ってこない。質問を促されても、まず完…

スロー・ライフ

靴下を履いたまま眠るのは、身体が拘束されてストレスがかかるから疲れも抜けにくいらしい。たしかに、部屋に帰って靴下を脱いだ時の楽々さは言葉にできない。だから忙しい生活にがんじがらめにされると、ぱっと脱ぎ捨てたくなる。素っ裸でお風呂に浸かるみ…

ゲーム熱帯

気がつくとゲームをしている。アプリを開き、チームデスマッチで敵を殺しまくる。めちゃくちゃ強い武器を使って、ヘッドショットを狙う。三十回くらいキルできるとすごく嬉しくて、すごくスッキリする。でも十数分するとまたしたくなって、同じことを繰り返…

なんとなく嬉しくなった日

太宰治の『人間失格』が蜷川実花監督によって映画化されるとツイッターで知って、「へえ、小栗旬かあ、ちょっとムキムキすぎないかなあ」と思っていたら、高校で同じクラスメイトだった女の子から久々にラインが来た。『人間失格』のことで、だ。 彼女は太宰…

言葉はさんかくだから

火曜日の夜、君から電話がかかってくる。ちょっと待ってからそれに出て、ぎこちない挨拶を交わす。まただらだらといつものように下らない話を紡ぐ。他の人に言ったら情けないと思われるようなことも、何の気兼ねもなく話して、笑う。いつか二人とも時の流れ…

ぽこぽこと、思考する(9)

・昨日はずうっとくるりを聴いてた。「BIRTHDAY」という曲を、別に誕生日でもないのに何回もリピート再生して、コーラスええなあとその度思った。あと、「春風」とか「旅の途中」とか、そのあたりの曲を好んで聴いた。くるりの音楽は、お茶漬けみたいだ。こ…

ラブリー

吐いた息が白く曇り、水道水がぬるく感じる。服を脱ぐとぱちぱちと静電気が起こった。冬だ。このところうららかな陽気だったけれど、回れ右したみたいに急に寒くなった。風呂上りにはニベアを塗るようになり、リップクリーム(これもニベア)も欠かせなくな…

ふくろう通信 その三

花澤香菜さんの「Nobody Knows」という曲をふと再生して、「もしも淋しさのなかで 泣きそうになった時は この街に 恋をするように暮らしてみるから」の歌詞に行きついたとき、大学生活を初めてすぐのことを思い出した。そしてこの歌を聴いてなぜだか救われて…

愛すべき無駄

昨夜「明日何食べようかなあ」とうだうだ考えていたら、楽しくなって眠るのが遅くなってしまった。スマホのメモにいろいろと書き込んで、とりあえず目をつむってみる。食材を買う自分とか料理している自分の姿を妄想して、そこから違う妄想へとびゅーんと飛…

ぽこぽこと、思考する(8)

・昨夜、お風呂に浸かりながら考えていた。帰省したときに両親に何かプレゼントしたいけど、何がいいだろうと。二人は無趣味だから、これをあげれば絶対喜ぶ、みたいなのがない。息子からもらったものなら大体は嬉しいだろうけど、要らないものよりはやっぱ…

そうそう天使は来ない

週末は疲れがどっと押し寄せる。いいなあと思っていたブロガーさんが僕の読者でなくなっていたり、節約するのめんどくさいなあと感じ始めたり、授業をサボって古着屋に行ったものの、全然いいのが見つからなくて「何してるんだろ」と思ったり、そうしている…

エス・オー・エス

肥えている気がする。別に息苦しい感覚は覚えないけれど、確実に食べている量が増えている。なんだか知らないがお腹が空いているような気がして、ぼさぼさとスナックを手にして口に放り込む。それは、「ぼんやりとしたさみしさ」が関係してるのだろうか。「…

まとめ(5)

お気に入りを安易にまとめてみました。寒い季節に、熱いコーヒーなんかを飲みながら楽しんでください。 1.エスケープ やもりにそそのかされて、町へ r46abfcfd77x7me05se181.hatenablog.com 2.水槽 雨の町と、水槽に関する考察 r46abfcfd77x7me05se181.hat…