NIGHT SCRAPS

夜をつらつら書き連ねるブログ

ぽこぽこと、思考する(8)

・昨夜、お風呂に浸かりながら考えていた。帰省したときに両親に何かプレゼントしたいけど、何がいいだろうと。二人は無趣味だから、これをあげれば絶対喜ぶ、みたいなのがない。息子からもらったものなら大体は嬉しいだろうけど、要らないものよりはやっぱり要るもののほうがいい。衣食住にかかわるなにか。...むつかしい。

・今日は自転車で街まで行って、古本市を覗いてみた。「古本市」という名前なのに、レコードとか映画のパンフレットまで売っていて、人びとがそれを漁っている姿を僕は眺めていた。好きな喫茶店の人も出店していたけど、顔を合わせるのがなんだか気恥ずかしくてやめた。特に欲しいものもなくって、桃のファンタをごくごく飲みながら帰った。

・そういえば、大学が図書館の本を一般の人に売っていた。本の数がどんどん増えると、どうしても棚からはみ出してしまう本が出てくる。とある大学では、それらが燃やされてしまったらしく、惜しいなあと思っていたから、こうやって一般の人びとに文化が行き渡るのは誰も傷つけないからいい。

・今日はずっとceroを聴いて歩いていた。cero、いいよね。昨日も『Poly Life Multi Soul』を流しながら夜道を歩いた。硬直した心を音楽が解きほぐしてくれる。誰も見ていないのを確認して、そっとステップを踏む。僕はもっと踊りたい。だけど笑われたくないから、普通を装って欲望を殺している。もっと身体を揺らしたいなあ。

outdoors

outdoors

  • cero
  • ポップ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

・生まれた環境ってすごい大きいなあ。自分ができないあれこれに対して、僕はどれくらい責任を負えばいいんだろう。逆に、自分ができることのどれくらいが僕自身のものなんだろう。はて。