NIGHT SCRAPS

life, solitude, words

ぽこぽこと、思考する(17)

・モラトリアムを終えようとしている人間の戯言として聞いて欲しいです。社会というものを批評するのはずいぶん難しい。例えば僕が、インターンシップなんてやめようとか、みんなスーツを着ないとダメだなんておかしいとか言ったところで、「それはお前の甘えだ」と言われればそれで全部片付いてしまう。「みんな」がどこかで疑問に思っていること(そして強要されていること)も、「みんな」がしているから従わないといけなくなる。

 このことはいろんなことに言える気がする。例を挙げれば、先生という職業が大変になっている状況もおおよそ無視されている。クラスの担任教諭は約四十人のことを意識しながら自分が担当している教科についても考え、かつ部活の顧問をしている場合そちらにも気を配り、病欠している生徒がいれば保護者と連絡を取る。いじめが起これば生徒たちに話を聞かなければいけない。どんどんと膨らむ仕事、それらはすべて子供たちへの思いやりや善意といったものがベースになっている。「先生ならこれぐらいできて当然」「子供たちのために」。そういう言葉を投げかけられると、断る理由が見つからない。ただ、心血注いで働いても、不祥事やミスばかり光を当てられる。

・「この人はこうあるべき」という価値観をゆるりと変えるのは結構難しい。「記号」に収まって自分を殺していくのは楽かもしれないし、「普通」になれない人を馬鹿にするのはかなり気持ちいいに違いない。そうだそうだ、人を殺すのはゲームオタクで漫画狂いの「私たち」とは違う人種なんだ。ああ、「私たち」の豊かさを貧しいクニの子供たちに分け与えたい(そしてあなたは中古のブランド品を身にまとう)。そう思えたら世界は狭く美しいものになる。こう皮肉る僕もまた、狭い世界に生きている人間だ。誰かのことを無責任に責めているわけだから。ただ、息苦しくなる状況の中で、なぜその元凶が責められないのか(元凶ってあれです。 犯人とかひきこもりとか、そんなんじゃないです)。

・世間というものを調べたときに、「個人は必要ない」や「排他性がある」といった特徴が出てきて、たしかにそうかもしれないと思った。個性なんて大事じゃなくて、「どこの出身でどういう家庭に育ったのか、そしてどの学校を出たのか」みたいな履歴の方が何倍も重要。その中に「普通」と異なる部分があると、眉は歪み、ぱちんと個人をはじく。

・ここから先は完全に僕の妄想だから、気をつけて。あらゆる心の症状に名前をつけて病人を生み出すことが流行っているけど、あれは単に健常者とそれ以外をふるいにかけているだけなんじゃないか。というより、いろんな人が精神を砕かれ燃え尽きている状況がたくさん起こっているという構図を批判すべきじゃないか。なぜそれが起こっているのか。ただの甘え?弱さ?それとも資本主義の末路なのか?さあ、薬を噛もう。エナジードリンクを飲もう。