NIGHT SCRAPS

life, solitude, words

Night Zombies

 小学生の頃はつらかった。親のしつけが厳しく、月曜から木曜、そして日曜は必ず午後9時までに布団に入らなければならなかったのだ。だから金曜と土曜の夜は本当に楽しかった。その分日曜の夜は淋しかった。中学生になってからはそういった拘束も緩くなり、僕はだんだんと夜更かしの面白さを味わい始めた。日頃の怠けがツケとなりテスト前になって焦って勉強するときも、深夜ラジオを聴きながらしていた。小学生のころから感じていた寝つきの悪さ(いざ布団に入ると色々妄想に耽ってしまって眠れなくなる)から、僕は完全に「夜型人間」になった。

 夜は、なにより楽しい。深夜のラジオはどこか心地よく、1対不特定多数なのに小さな喫茶店に入ったときのように落ちつける。そこで知った(昼の世界では知りえなかった)文化はとても興味深く、というより、そちらの文化が今を作り出しているんじゃないかと思うほどだった。

 「夜型人間」はゾンビみたいだなあと思う。朝はいつまでもダラダラして、辛くって、でも夕方あたりからハイになっていく、ゾンビ。全然社会には適応できてないし、さらには動物としてどうにかしているけれど、自然とは異なった新しい「夜」を作ったのは人間であって、その面白さに浸っていくのもまた人間なのだ。

 しかしながらゾンビは少数派で(夜寝て朝起きるのが普通なのだから)、Twitterなんかでもbotしか浮上していないときは少なからず孤独を感じる。まあさっきだって、botと海外のアカウントしかツイートしていない殺風景なTLを見てきたところだ。だから最近はYoutubeでゲーム実況を見るのが非常に楽しい。「三人称」というグループが本当に面白くて、一人でゲラゲラ笑ってしまった。


【Minecraft】お前らちょっと自分勝手 #1【マインクラフト 

 これを書いているのもまあまあな夜更けで、もうすぐ空が明るんでくるんじゃないかと若干の不安もありながら、そろそろゾンビも眠りにつこうと思う。