詩について

 網戸の隙間から、ご機嫌な風が吹いてくる。それはカーテンをそっと揺らして、埃を踊らせる。初夏と言われても疑わないぐらいの気温で、ベランダの先に見える緑がまぶしい。ときどき隣の部屋から笑い声が聞こえてくる。何の憂いも感じさせない陽気な笑い声だ。

 今読んでるレイモンド・カーヴァーの本から、大好きな「ロードス島」という詩を紹介したい。「僕」は島の広場に座ってビールを飲んでいる。

どこかその辺にアポロンの巨像があって

あらたなる芸術家なり

あらたなる地震なりを待っている。

でも僕はべつに野心はない。

僕はここにじっとしていたい。正直な話。

でも僕は丘の上のホスピタル騎士団の城の

まわりで飼われている鹿たちと

遊んでいたいなあと思う

  でも(!)結局「僕」は眠りの中へ落ちてしまうので、内容としてはただビール飲んで寝る男の話になる。ただ僕はなんとなく惹きこまれる。「別に野心はないけどさ、いや本当はあの美しい鹿とも遊んでみたいんだよ、本当はね(ぐびぐび)。...あーあ、眠たくなってきた」みたいなあやふやな感じ。

 変わって、岡村靖幸さんの「SUPER GIRL」の歌詞もすごく好きだ。「俺ほどの男はそうはないはずさ」「俺ならば本当に損はないはずさ」なんて詩が続く中で、実はこの「俺」は21歳で仕送りを貰っていて、そのお金も「君」に貢ぐために使っていることが分かる。なんだろう、このすごさ。「仕送り貰ってる」みたいな歌詞は普通ラブソングに出てこないし、それでも「俺」のかっこよさが保たれている不思議。岡村靖幸という人間にしか歌えない不思議。

 あと宇多田ヒカルさんの「For You」も昔からお気に入りで、久しぶりに読んだら「孤独だなあ」とやっぱり思った。それは「君」が明らかに不在しているからだ(知らんけど)。「散らかった部屋」とか「くれた歌」にはほのかに宿っているし、主人公は「君の顔」のために起きているけど、たぶん朝起きたって部屋に君はいないし、ただ部屋に散らかった形跡が残っているだけだ。そして、そこには孤独がこびりついている。

 これを書き出したのはうららかな正午すぎだったのに、今はもう日が変わろうとしている。何をしていたのか?いろいろです。岡村靖幸聴いたり、喫茶店でジャズに耳をすませたり、いろいろ。明日には、実家で退屈してると思うなあ。退屈だからこそできることもあるんだけど...。

ファイアズ(炎) (村上春樹翻訳ライブラリー)

ファイアズ(炎) (村上春樹翻訳ライブラリー)