ぽこぽこと、思考する(4)

・お風呂の時間が、もしかしたら一日の中で一番好きかもしれない。今日は、スマートフォンでコールドプレイの『Ghost Stories』を流しながら、明かりをつけず、薄暗いままお風呂に浸かっていた。疲れた心と体が解きほぐされる感じがした。気ままに素っ裸でいられるのは、一人暮らしをしている特権だと思う。パンツとTシャツでいるのがこんなに快適なのかと、最近気づいた。そういえば以前どこかで、服を着たまま寝ると、身体を拘束するものがあるので疲れが残ると聞いたことがある。パンツとTシャツだけ着て、ベッドに寝そべりこれを書いている。

・文章を書くことのむつかしさを、ここ最近考えている。さまざまな言葉の選び方で、文のニュアンスも変わってくる。そして何より、説得力をもたせるためには根拠が必要だ。ただの暴言にならないように、ちゃんと相手を説得させる文章を書きたい。ときどき政治に関することも書いたりするけど、ただの感情論にはしたくない。今日の授業でこういうことについて話をされたので、ふと思いついた。

・天気が移り変わりやすくて、心が疲れる。何をするにも気だるくて、勉強のモチベーションも当然生まれづらい。だからついゲームをしてしまう。やっぱりハッカーは毎回のようにいるけれど、力を合わせればなんとかならないこともない。嘘みたいな手を使ってくる相手を、数人でやっつけたときはにやりと笑いが漏れてしまう。というか基本的に、卑怯な手を使う人はあんまり強くない。今日も晴れかと思いきや雨が降り始めたから、気が滅入った。だから今回はこんな感じで。おやすみなさい。