NIGHT SCRAPS

夜をつらつら書き連ねるブログ

あまくていい

 歳をとるとそれなりにいいことがある。例えば、ずっと恥ずかしくて履けなかった半ズボンも途端に何とも思わなくなる。多分、小学生のときにすりむいて膝にできた傷を見せるのに抵抗があったんだろう。今はもう普通に履いて外に出ることができるし、結構気に入っている。それは勇気というより諦めに近い。誰も気にしてないでしょ、という真っ当な気づきでもある。

 だからついつい甘いものも食べちゃう。もともと着やせする体型だから、少しばかりお腹が出ててもいいや、って食べちゃう。ほんのり甘いコーヒーを飲んで、また食べる。ふとしたとき(お風呂のときとか寝る前とか)にお腹やおっぱいを揉んでたのしんで、ちょっと痩せなきゃと省みる。まあでも、微糖のコーヒーでかなり譲歩していると思うんだけど。

 見られている意識って、ある程度の人が持っている気がする。他人から見られた自分。自分が他人を見て何か思うように、他人も自分を見て何か感じているんじゃないか、という意識。でもそこから解き放たれて(またはどうでもよくなって)みるとすごく気楽な世界が広がっている。世の中の「おばちゃん」が生き生きしてるのって、どう見られたって構わへん!みたいな強さが関係してる気がするんだけど、どうなんだろう。あの解脱した感じは見ていて気持ちいいし、羨ましい。

 今日はスーパーに買い物に行って料理を作って、ベッドで今月号のPOPEYEを読みながらだらだらして終わった。休日って本当あっという間に終わる。まあ、お昼までぐっすり寝てたら呆気なくて当然か。今日はうだるような暑い日だった。スーパーからの帰り道、鳩を見かけた。コンクリートの道をせわしなく移動していて、鳩の足の裏を心配した。部屋に戻ると壁に小さな蜘蛛がいた。ほっときながらじっと眺めていたら、なんだか可愛い気がしてきた。彼も安心しているみたいにじっと落ち着いていた。外敵もいないしね。

 だらだらとした生活が性に合っているのは、自分の甘さが美味しいからだ。辛さがちょうどいい人も、苦さが好きな人もいるだろう。僕の舌は甘さを欲している。ああ、今はクレープが食べてみたいな。イチゴとクリーム、そいつらを包む生地。少しくらい太ったって知るもんか。なんならこのお腹をむにむにさせてやってもいい。むにむに、むにむに。

sweets parade -TV Size Version -(妖狐×僕SS 5)

sweets parade -TV Size Version -(妖狐×僕SS 5)

  • provided courtesy of iTunes