NIGHT SCRAPS

life, solitude, words

疲れたあなたへ

 痛ましいニュースのあとで、またつらいニュースが報じられる。出来たばかりのかさぶたを爪で思い切り掻き切られたような気分が続く。怒りの声を聞いているだけで一日が終わる。きっと今夜も、僕らの寝床の下を悪魔が通り過ぎていく。涙や血反吐を吸い上げて、どんどん膨らむ悪魔。いるのかいないのか分からないけど、とにかく僕らの中で大きくなる悪魔。

 例えば今の季節、お日さまがうららかな日に町に出てみる。大きめのシャツを着て、サンダルなんか履いて。自転車で当てもなく景色の中をさまよってみたらどうだろう。可愛い風が袖から入り込んで、肌を撫で、くすぐる。君の額に浮かんだ汗がまぶしい。それは首筋へと移り、やがて胸へとたどる。しかしすぐに風で乾いてしまう。見上げれば青と白が輝く、すばらしい日和だ。

 そういう気楽さがいいなあと思う一方で、なかなかそういう訳にはいかない現実もきちんとある。パジャマを着ていた人がスーツに着替えるように。明るい場所を歩きながら、胃の中で湧き立つ怒りをどう調理しようかと考えている。言葉に埋もれ、人波を縫って、気づけば心は疲れている。知らない人の臭い、ひそひそした声。この町の夕方は、そういう喧騒から遠い。だいたい歩いているのは買い物帰りの人か、犬を散歩させている人ぐらいだ。ときどき猫がもふもふと歩いている。僕に気づいてさっと逃げてしまうのだけど。

 疲れていると、何も考えたくない。いかにも健康に悪そうなものを食べて、お酒を飲む。それだけで満ち足りて、幸せを感じる。あとは、身につけていた服を脱ぎ捨ててお風呂に入る。頭の先まで浸かって、何秒つづくか息を止めてみる。疲れたからだに、お湯はやさしく答えてくれる。

 テレビを点ければ、スマホを開けば、ニュースが飛び込んでくる。感情を勝手に揺らされるようなものばかりだ。それは、本当に怒るべきものかもしれないし、誰かがそうさせたいがために流しているものかもしれない。だけど僕は言葉に連れ去られるしかない。僕とまったく関係のない誰かに対して、乱暴に怒りを吐き捨てる。そうやって僕らの怒りによって脚光を浴びるニュースの舞台袖で、何かが姿を眩ませる。疲れた僕やあなたの頭には残らない、もっと大事な大事な...。

energy flow

energy flow

  • provided courtesy of iTunes