NIGHT SCRAPS

夜をつらつら書き連ねるブログ

ぽこぽこと、思考する(6)

・また夜が来た。暇だから、好きな絵師さんがライブ配信しているのを見ている。別に喋るわけでもなく淡々と絵を描いている放送だ(五時間以上も黙々と作業をしているらしくって、なんて地味なんだろうと思った)。一つのコマにすごい時間を使っている。影の濃淡に、顔のパーツのバランス。デジタルだとそういうのを簡単に修正できるらしいから、こだわろうと思えばいくらでも時間を費やすことができる。でも世の中には、誰の目にも留まらない作品がたくさんある。何時間も使ったものでも。

 「泳ぐ魚のように」という記事は個人的にお気に入りではあるのだけど、さらさらとネットの海を流れていった。これは以前どこかで書いたことだが、ごくごく普通のことにワクワクとか楽しさを見いだせたらとても嬉しい。だって、みんなが素通りしているものを僕だけがきらきらした目で見ているわけだから。路面電車が魚が泳いでいるように見えたのも、そうだ。

・初めてレディオヘッドの『The Bends』を全曲通して聞いたかもしれない。今まで、途中で違うのに変えちゃったり眠くなったやめたりしたけど、今日は絵師さんの配信を見ながら「このアルバム、結構いいかも」と思っている。眠たくなるし精神的に風邪を引きそうになるのは変わりない。それでも何回も聴いていったら愛着が湧くような作品であるような気がした。まだ一回目だけど。

 高校の友達に借りた宇宙の本をぺらぺら捲っている。その人とは疎遠になって返すことはできない(お父さんの本って言ってけど大丈夫かな)。こういう壮大な話をされると、いろんなことがどうでもよく思えてくるからいい。地球ができて推定46億年。人がほとんど不自由なく暮らせているのがすごく不思議に思う。突然マントルからマグマが溢れ出たらどうなるんだろう。...考えないようにしよう。

 ※(今日はリンクをうまく使えたから内容がどうとかはまあいいか...。)