NIGHT SCRAPS

男子大学生が‘‘ほぼ’’毎日書いているブログ

エスケープ

 生まれつきの乱視で、しかも近眼である。遠くのものはぼんやりと映るし、目の力を抜くと景色が割れてくる。だから部屋に黒く小さな生き物が現れたときも、最初はゴキブリかと思った。面倒だなあという思いでいっぱいになる。しかし眼鏡をかけてすぐにわかった。やもりだ。...家守。まだ幼い様子で、僕の気配に気づくと部屋の隅へと壁をつたって逃げてしまった。やもりというと、僕が小学生のころ母が可愛がっていたのを思い出す。

 やもりは縁起がいいと聞く。お金が舞い込んでくるらしい。いや、単にうちのマンションに虫が多いだけだが、そういう都合のいい言葉にそそのかされて、僕は今朝JRに乗った。土曜ということもあって、中はぎゅうぎゅうだった。つり革を握っている手の痛みを感じながら、流れる景色を見ていた。駅から歩いて、服を買いに行くのである。まだうららかな日差しで、汗の玉がすうっと肌を滑っていった。買った服は長袖のジャケットだった。すぐに着たかったけれど、この暑くさいなかで、無理をして着て汗を流すのなんてばかばかしい気がした。

 おなかが空いてきて、商店街を歩くことにした。ずうっと気になっていたサンマルクカフェに困惑とぎこちなさを感じつつ初めて入ってみた。サンドイッチがおいしそうだったのでそれを一つ選び、そしてアイスカフェラテのMを頼んだ。入り口近くの席に腰を下ろす。アイスカフェラテを一口飲むと、シロップの甘さとミルクのまろやかさで元気が出た。このアイスカフェラテは、ミルクがおいしい。ざくざくと細かく割られた氷もおいしい。一気に涼しくなった。

 本屋さんや図書館に立ち寄ってぶらぶらしていた。つい吉田秋生さんの漫画をチェックしてしまう(この間買った『ラヴァーズ・キス』はとても面白かった)。疲れてきたので路面電車に乗り、大学近くの停留所までサカナクションの『NIGHT FISHING』を聴きながらじっと座っていた。

 大学に寄って、イチゴ牛乳を買って飲んだ。甘い。ちょっとうんざりするぐらいの甘さだけど、僕はこれが好きだ。ベンチに座って、カバンからジョージ・オーウェルの小説を取り出して読む。やっぱりいろいろと考えてしまうけれど、最近のあれこれについては少し口をつぐんでいよう。気がつくと、木立の葉が枯れて落葉している。ここ最近、彼岸花もよく見かける。緑の中で赤がよく映えている。スマホを触って、サカナクションの『さよならはエモーション/蓮の花』を聴くことにした。最後の「ミュージック(Cornelius Remix)」がすごくいい。ベックの「Mixed Bizness」のリミックスもいいなあと思ったし、小山田圭吾さんはすごいねえと感心しつつ、買ってすぐの服に袖を通した。

ミュージック(Cornelius Remix)

ミュージック(Cornelius Remix)

  • provided courtesy of iTunes


Beck - Mixed Bizness (Cornelius Remix)