NIGHT SCRAPS

男子大学生が‘‘ほぼ’’毎日書いているブログ

DISC REVIEW vol.3

 今日は、SMAPの『011 ス』と『012 VIVA AMIGOS!』について書こうと思う。二枚とも良い曲ばかりで、アイドルっぽさをあまり感じないから驚いた。いや、アイドルとしての人気が確固としたものだったからこそ、気ままに作れたということなのだろうか。何より、楽曲提供者がすごい。『011』のオープニング、作曲編曲はナイル・ロジャースである。ナイル・ロジャースといえば、マドンナの『Like A Virgin』などを手掛けたプロデューサーである。さらにはスガシカオ山崎まさよし忌野清志郎フィッシュマンズ佐藤伸治など。『012』では、「1/6の夢旅人」で有名な樋口了一、「SHAKE」、「らいおんハート」などSMAPの代表曲を作曲してきた小森田実などが名を連ねている。つまり、下世話な表現をすると「お金がかかっている」。豪華なミュージシャンを起用していることもあり、インストだけのアルバムも発売されているくらいだ。 

SMAPPIESII

SMAPPIESII

 

 なぜ『011』と『012』が良いのかと言うと、シングル曲に頼っていないからだと思う。もちろん「ダイナマイト」や「セロリ」、「夜空ノムコウ」など、ヒット曲が収められているけれど、既述の通り製作陣が豪華だから、アルバムとして安定している。しかしそんな中で、遊んだり挑んだりしているから刺激が生まれている。ジャニーズで一番最初にラップをしたのは、たぶんSMAPだと思う。

 では、好きな曲を紹介したい。『011』で好きなのは、「ダイナマイト」「愛がないと疲れる」「ココニイルコト」「セロリ」「それはただの気分さ」だ。一方、『012』で好きなのは「Peace!」「たいせつ」「夜空ノムコウ」「言えばよかった」「世界は僕の足の下」だ。

 

 ダイナマイト

 24枚目のシングル。作詞:森浩美、作曲編曲:小森田実

昼はどんな顔で 退屈を飼い慣らして 従順な瞳 密かに夜を待つよ

心にたまってく 理不尽なストレスを 明日を生きるため 愛に変えてしまえば

この街はうたかた 昨夜と今夜の間 乾ききったカラダ 生命を吹き込んで

  香取慎吾が歌うBメロの詩がとっても好きで、歌うのも心地いい。

 

 愛がないと疲れる

 『011』の4曲目。作詞:小倉めぐみ、作曲:岩田雅之

えがいたような 自然体に見えても

無意識の中 その場その場の 役割こなして生きてる

  草彅剛の透明度の高い声で歌われるこの詩は、他人とどうしても関わらなければ生きていけない私たちの詩のようにも見える。

 

 ココニイルコト

 『011』の5曲目。作詞作曲編曲:スガシカオ

Oh ぼくらが瞬間に 放つ光は たとえ届かない距離でも あなたを目指す

ゆがんだ光はココニイルコト 伝える全てはココニイルコト

  木村拓哉香取慎吾の二人で歌われる。スガシカオが、あまりに青臭い詩だからとSMAPに提供したらしい。とても眩しくて、瑞々しい世界だと思う。

 

 セロリ

 25枚目のシングル。作詞作曲:山崎まさよし、編曲:清水信之

何がきっかけでどんなタイミングで二人は出逢ったんだろう

 やるせない時とか心許ない夜 出来るだけ一緒にいたいのさ

  「すれちがいはしょうがない」とは言いながら、それでも一緒にいたいという純な気持ちが爽やかだし、Cメロの早口な部分がとっても好きだ。

 

 それはただの気分さ

 『011』の10曲目。作詞作曲編曲:佐藤伸治

 稲垣吾郎の友人に勧められて好きになったというフィッシュマンズ。完全に趣味で作ったらしく、観客がシーンとしていたとラジオで話していたけど、この気怠さや色気を放てるのはすごいと思う。

 

 Peace!

 26枚目のシングル。作詞:飯塚麻純、作曲:Face 2 fAKE、編曲:長岡成貢

しあわせはこんなとこにある 今日は今日で過ぎて行く

久しぶりに空を見上げる 雲が流れ

月が輝くのを待ってる 君の笑顔見たくなる

たまにはこんな日もいいじゃない そんなことに気がつく

  

 たいせつ

 28枚目のシングル。作詞:戸沢暢美、作曲:小森田実

ささやかでもそれぞれに 暮らしなのねと Justホロリ

誰とも似ていたくない ずっと前の僕じゃなくてよかったよ

 ポップだけどポップすぎていないところが好きだ。シングル1位ではないけれど、この多幸感はSMAPだから出せるのだろうと思う。

 

 夜空ノムコウ

 27枚目のシングル。作詞:スガシカオ、作曲:川村結花、編曲:CHOKKAKU

あのころの未来に僕らは立っているのかなあ...

全てが思うほど うまくはいかないみたいだ 

  ここら辺の歌詞が今聞くと胸に詰まって、余計に苦しくなる。SMAP初のミリオンシングル。

 

 言えばよかった

 『012』の8曲目。作詞作曲:樋口了一、編曲:CHOKKAKU

「いちばん大事な人は誰?」君に聞かれたら It's so easy!

いつでも一緒にいるけれど 笑わせるだけで See you tomorrow!

 (中略)「そんなに遠くに行くんだ いつ引っ越すの? でも突然だね...」

そこから先はもう笑ってられなかった

  切ない、という言葉が一番似合うと思う。五人の歌声が大きなものになるにつれ、それがだんだんと増していく。

 

 世界は僕の足の下

 『012』の12曲目。ラスト。作詞:只野菜摘、作曲編曲:CHOKKAKU

世界はこの足の下 そう思えた 矛盾や世のしくみを知っても

正しい酒の飲みかた 覚えられた 来週親友にも会う

  長い映画のあとのエンドロールのような、落ち着いたメロディ。夕陽を浴びながら帰路を歩く姿。切ないことや悲しいことを前にして、来週親友と会うことを楽しみにする姿。とっても等身大の姿をトップアイドルが歌っていることのいい違和感。 

SMAP 011 ス

SMAP 011 ス

 
SMAP 012 VIVA AMIGOS

SMAP 012 VIVA AMIGOS

 

いつ消されるか分からないけど、すてきな歌を最後に。