男子大学生のブログ

UKロックが好きな男子大学生のただのブログ

青春のゆくえ

僕は今大学生で、ずいぶんのびのびしている。毎朝なんとか起きて、朝ご飯を食べて、大学へ向かう。こうした流れも落ち着いてきた。ツイッターなんかで中学生や高校生が「テストめんどくせえ」だとか「受験いやだ」だとかつぶやいてる(もしかしたら叫びなのかもしれないけど)のを見ると、なんだか懐かしさすら感じて、あんなこともあったなと、どこか遠いことのように、思う。

 

僕が中学生の時は、「高校生になるために」勉強しろと先生に言われた。そして高校生になると、こんどは「大学生になるために」勉強しろと言われた。大学生になってみたら、早速就活の話が出た。僕は何度となくその話を聞いて、その度に息苦しさを感じた。僕らは「就活」という終着駅を目指して、わざわざ要らない知識を頭に詰め込んできたのだろうか。どうして彼らは今学べることの意義については口をつぐんでは、一つ先のステップを話をするのか。個人的な話をさせてもらえば、国語の時間での著者についての説明が好きだった。「井上ひさし」の名前を本屋で見る度に、あの先生は「吉里吉里人」を読み終えるのにすごい時間がかかったと言ってたなとか、三島由紀夫は無駄な文章がなくてすごく凝っているんだったなとか、今でもすごくよみがえる。大したことではない。大したことではないけれど、僕の中で繊細に生きている。

 

将来、受験科目以外の体育や音楽、書道なんかは軽んじられていくんだろうけど、きっと子どもたちは宙ぶらりんなままで勉強するのかな。とっても不思議な未来だ。

 

関係ないかもしれないが、学びには「生産性」が付きまとう。たぶん文系はこれが低いけれど、面と向かって「お前たちは生産性ないんだよ!」と言われると「いやいやいや...」と反抗心が芽生える。「だいたい生産性なんてね...」と口を尖らせて説教したくなる。「文系と理系に分ける自体おかしい」という人もいるけど、僕は「文系と理系それぞれの役割をきちんと遂げるほうがいい」と考えている。なんとなく。