男子大学生のブログ

UKロックが好きな男子大学生のただのブログ

ジュテーム...!?

ハチミツとクローバー」を見ていると、いつもは素通りしていたような音楽が耳に残って、こんなにシンプルなのになんでだろうと思って、気が付いたら曲名を調べていた。

 

その曲は「ジュテーム?」という曲だった。静かで小さな部屋の中で歌っているみたいに聞こえる。多分この今日は、ほかの曲と同じようにマサムネさんの声じゃなかったらこんな聴こえ方をしなかっただろうと、思う。

 

最初は「ジュテーム?」、そして「ジュテーム...」、最後は「ジュテーム!」。だんだん確信に近づいて行ってる感じ。多分はじめは、こんな恋をしてていいのかと悩んでいたんだろうなあ(あくまでも予想!)。ジュテームという愛の言葉が彼(あるいは彼女)の気持ちの整合性を高めたというか、「好き」の気持ちを確かなものにしたというか...。

 

きっと、あくまでも「きっと」でしかないけれど、この歌の恋人たちはお互いに傷つけあって、迷惑をかけあって、でも一緒にいるとすごく落ち着いて、生きている感覚を抱いては落ち着いている。すごく複雑だけど、一緒にいることに「罪悪感」とそれ以上の「安らぎ」を覚えている(はず)。

 

ハチクロの登場人物たちも、一緒にいて楽しいはずなのにどこか切なさや「届かない思い」を抱いてる。この「ジュテーム?」は、山田が真山を思ってるときに流れてくる。真山とは近いところにいるけれど、彼の心は違うところにある(確かそうだ...)。そういう直線的じゃない関係は、見ていて切なくなるし、この曲は尚更そうさせる。

きっと彼女の「ジュテーム?」は、違う方向へ向かっていたのかもしれないけれど。