NIGHT SCRAPS

夜をつらつら書き連ねるブログ

音楽

ふくろう通信 その四

去年は、ずいぶん多くの機会で「平成最後の」という前置きを聞いた。僕は、自分が平成生まれであることを特に意識したことはなかったけれど、そのうち「おれら平成生まれはなあ...」なんて能書きを垂れるのだろうか。「平成」という顔も知らない誰かにぞっと…

ふくろう通信 その三

花澤香菜さんの「Nobody Knows」という曲をふと再生して、「もしも淋しさのなかで 泣きそうになった時は この街に 恋をするように暮らしてみるから」の歌詞に行きついたとき、大学生活を初めてすぐのことを思い出した。そしてこの歌を聴いてなぜだか救われて…

ふくろう通信 その二

r46abfcfd77x7me05se181.hatenablog.com 以前の記事で紹介した、松任谷由実さんのことについて、もう一度書きたいなと思った。ここ数日、ユーミンの音楽ばかり聴いている。『MISSLIM』や『COBALT HOUR』なんかを繰り返しリピートして。でも改めてアルバムや…

ふくろう通信 その一

最近聴いている音楽をどばーっと紹介しようと思う。今日は雨が降っていたので、特にすることもなく音楽を漁ってばかりいた。ここ最近気に入っているのは、ミツメというバンドだ。最初に良いなあと思ったのは、セダンという曲だ。インディーロックっぽい感じ…

田舎の生活

村上春樹さんが孤独の比喩として使われていた「井戸」というのが、妙にしっくりきている。深い深い井戸の底で静かに生活しているイメージが、絵になる。ときどきそこからは人々の温かい声が聞こえてきて、胸のあたりがずきずきと痛むのを感じる。でもその痛…

ロックの地平線

僕の洋楽体験はビートルズが最初だった。彼らの音楽はスタンダードすぎてテレビで流れまくっていたし、音楽の教科書にさえ載っていた。そのほか、村上春樹のエッセイにもたびたび登場していたから、もともと興味はあった。 中学二年のとき、クラスメイトにビ…

悪玉

まだ幼い頃、仮面ライダーに夢中だった。朝早くに起きて、まだ薄暗い部屋でテレビ画面に集中していた。でも、正直内容はいっさい理解できていなかったと思うし、ただ格好いいアクションシーンが見たいだけだった。その証拠に、映画を観に行ったとき、アクシ…

DISC REVIEW vol.3

今日は、SMAPの『011 ス』と『012 VIVA AMIGOS!』について書こうと思う。二枚とも良い曲ばかりで、アイドルっぽさをあまり感じないから驚いた。いや、アイドルとしての人気が確固としたものだったからこそ、気ままに作れたということなのだろうか。何より、…

球体

本当は聴いてすぐに書こうと思っていながら、今の今まで放置してしまっていた。三浦大知さんの新譜『球体』がすごい。僕は今まで彼の作品をそこまで聴いてこなかったのだけど、驚いた。まず最初の曲「序詞」で圧倒される。静かな導入から、唐突に歌舞伎の鳴…

カレイドスコープ

もうとっくに有名なんだろうと思いながら、知らない人のために紹介しようと思う。Superorganismはイギリス、オーストラリア、韓国など多国籍な8人が集まって結成されたバンドだ。ボーカルは現在(2018年7月)18歳の日本人、Orono。僕がこのバンドを好きにな…

ずっと眠っていたいんだ

コーネリアス(小山田圭吾)が、ジョニー・マーと一緒に写真に写っていた。 www.instagram.com どういう関係性だろうと一瞬考えてしまったけど、小山田さんは若い頃からザ・スミスのファンだった。スミスのファーストが出たときに、高校のクラスメイトの家に…

耽美なる

大人になると分かる世界がある。大学の講義で耽美派について学んだ。耽美派と言えば、永井荷風と谷崎潤一郎。大学生になりたての頃、本屋さんで谷崎の「刺青」を立ち読みしたのを思い出した。ほんの短い作品だけど、その強烈さは今でも覚えている。刺青師の…

エメラルドのように

いま、Youtubeでフジロックを観ている。便利な時代になったなあと思う。マックデマルコの気持ちいい演奏が聞こえる。黄色いシャツに紺のショートパンツという楽な格好で、とても楽しそうに歌っている。生で観れたらまた聴こえ方も違ったろうなと思いつつ、非…

ぼくの好きな音楽 Vol.3

リアム・ギャラガーが兄ノエルに「またオアシスやろうよ」というようなツイートをして数日経つけれど、フォロワーさんたちの反応がいろいろで面白かった。やってよー、という人と、ソロが聴きたいよー、という人の派閥。僕の意見としては、再結成したらした…

ぼくの好きな音楽 Vol.2

今日は、小沢健二さんのことを話そうと思う。最近、キリンジやオリジナル・ラブなどの音楽をよく好んで聴いている。でもそれはたぶん「小沢健二のことが好きだから」という理由が起因しているような気がしている。 小沢健二さんを知ったのは本当に最近のこと…

余白のある音楽

ここ数日、フランクオーシャンの2016年のアルバム『Blonde』をよく聴いている。なぜ発売された当時に聞かなかったんだろうとその頃を思い出してみると、みんながこのアルバムを推していて、あまのじゃくで「いや、聞かない」って勝手に拒否していたんだった…

ノエルギャラガー、51歳になる

ノエル・ギャラガーが今日5月29日、51歳の誕生日を迎えた。新作『Who Bulit The Moon?』を引っ提げたツアー、Stranded on the Earth World Tourで世界を回っている途中である。今年の2月9日のデトロイト公演を皮切りにアメリカやカナダを回ったのち、ヨーロ…

DISC REVIEW vol.2

■ YUKI 『うれしくって抱きあうよ』 少し前のアルバムだけど、大好きなアルバムだから紹介したい。この作品は2010年3月10日に発売され、オリコン週間で1位を獲得した。ブックレットにはYUKIさんの写真があって、このときは38歳ぐらいなのかな、ほんとに美し…

DISC REVIEW vol.1

■ cero 『POLY LIFE MULTI SOUL』 待ってました、ceroの三年ぶりのアルバム。2016年に発売されたシングル「街の報せ」やキリンビールのCMに書き下ろされた新曲「陸のうえの晩餐」は収録されず、すべてが完璧な新曲となっている。もう僕の中で今年のベストに…

ぼくの好きな音楽 Vol.1

ここ最近、音楽のことについてあまり書いてないような気がしたので、好きな音楽についてあれこれくだらないことを書こうと思います。今日は松任谷由実さんについてです。 宮崎駿監督の『風立ちぬ』が公開されたのが2013年ということは、もう5年経ったんです…

離れた場所で同じ風を吸う

去年かな、友達と一緒にラジオを聞いたことがある。一緒に、って言っても、別々の場所で聞いてラインでおしゃべりするのだ。それがなんとなく楽しくて、忘れられなかった。あと、「逃げるは恥だが役に立つ」を見ながらCM中にラインして「あそこよかったね」…

歌でめざめる記憶

今日から授業が始まったのだけど、停めちゃだめなところにいっぱい自転車が停まってあったり、火山が噴火したみたいに溢れる人波を見ていたら、やっぱりだるくなった。昨日はちょっとしか眠れなかったのもあり、ブルーなまま教室へ移動していった。そのとき…

ブラザーフッド

僕は一人っ子だから、兄弟がいる人を羨ましく思うときがある。「兄弟いたって鬱陶しいだけだよ~」と言われたりするけど、その騒がしさも、一人っ子からするとちょっとした憧れなのだ。自分の性格も、兄弟がいるいないで結構変わってくる気もする。もしかし…

そして星野源はつづく

2018年に入り、源さんの勢いがより一層加速しているように思う。2月28日に11枚目のシングル『ドラえもん』発売。そして4月2日放送開始のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌に新曲「アイデア」を提供。昨年2017年はシングル『Family Song』の発売のみ…

ジュテーム...!?

「ハチミツとクローバー」を見ていると、いつもは素通りしていたような音楽が耳に残って、こんなにシンプルなのになんでだろうと思って、気が付いたら曲名を調べていた。 その曲は「ジュテーム?」という曲だった。静かで小さな部屋の中で歌っているみたいに…

誰かとスピッツを聴きたい日が必ずあるものだ

心地よい風が吹いている。6月に入って、曇りと晴れが交互に来ていて、今日は爽やかな青色が広がっている。昨日の夜に「ハチミツとクローバー」が見たくなって、Youtubeで色々漁っていた。ある回で流れたスピッツの「多摩川」がやけに切なかったな。そういえ…

ノエルギャラガーはロックスターじゃない

みなさんはもうリアムの新曲を聴いたのだろうか。とてもよかった。リアム!って感じがした。先日Radio Xに出演したノエルのある言葉がとても印象深く記憶されている。 「おれはロックスターじゃないよ、ロックスターはリアムだ。言ってることわかるよな?」…

ツンデレ眉毛兄弟

眉毛兄弟はとても不思議な仲である。 本当は大好きで愛しているのに、会うと喧嘩してしまうから距離を置いている。オアシス時代にも、ライブのとき以外話さない、というようなことがあったが、そのライブでいちゃいちゃしちゃったり(まあ一方的にリアムが絡…

あなたはFazerdazeを知っているか

Youtubeで色んな音楽を聴いていたら、「Lucky Girl」というMVがとても印象に残った。90年代みたいな感じだけど、なんだか新しいような気もする…。何より曲が良かった。https://youtu.be/My4j3vgFxbEニュージランドの人らしいけれど、詳しいことはあまり分か…

ノエルギャラガー、50歳になる

今日、5月29日はノエルギャラガーの誕生日である。ツイッターやインスタグラムでも話題になっていた。50歳になってもなおこうして祝われるのは本当にすごいなあと、上から目線だが思った。ノエルといえば、新作が今年の11月に出ると明らかになった。https://…